:::: MENU ::::

GoPro6で蛍光灯のチラつき(フリッカー)をなくす方法

GoPro(ゴープロ)を室内で撮影した時に、蛍光灯の光の下だったために映像がチカチカしてしまいました。
仕事がらみでGoProを触ったときに、困って解決に少し時間がかかったのでメモを残しておきます。

なぜチラつき(フリッカー)がおきるのか

このチカチカする現象はフリッカーというもので、蛍光灯は点滅して光るしくみだそうで、それが影響して起こる事があるみたいです。
そして、その点滅は電力の周波数Hz(ヘルツ)とかかわっていて、東日本の場合は電力の周波数が50Hzなんだけど、
GoProの初期設定ではフレームレートが60fpsなので、その差でチラつきが目立つようです。

まとめると
西日本は60Hzなのでフレームレート60fpsや120fpsで大丈夫だが
東日本は50Hzなのであわせて50fpsや100fpsにする必要ある
ということのようです。

それでGoProの設定はどうやるか?

解決方法はわかったんですが、設定方法を見つけるのにちょっと苦労しました。
フレームレートfpsの設定を見ると60と120はあるが、肝心の50や100がでてこない。

スペックを確認するとfpsのところに50や100の記載があるのに。
なぜだ。。。

それには「ビデオ出力形式」というのが影響してました。
「ビデオ出力形式」には日本、アメリカなどで主に使われている「NTCS」と
ヨーロッパなどで主に使われる「PAL」という2種類あって
NTCSは「60fps」、PALは「50fps」と決まっているからみたいで。
GoProの初期設定は「NTCS」なので50fpsや100fpsは表示されていなかったということみたいです。

まとめ

なので結論として
東日本で蛍光灯の下でGoProでビデオ撮影するとき
ビデオ出力形式「PAL」に変えてフレームレート(fps)を「50」や「100」にしてあげると
自分の環境の場合フリッカーを防止できるって感じでした。

フリッカーが発生した時は参考に試してみてください。



So, what do you think ?