:::: MENU ::::

2in1タブレット 「Lenovo IdeaPad Duet Chromebook」 を半年使ってみて

最近、CMや雑誌などでもよく見かけるようになったchromebook(クロームブック)。
安いけどあまり使えないPCというイメージがあったんですが、2020年11月に購入して遊び道具として半年ほど使ってみて感じたことを書いてみます。
自分が買ったのはキーボード取り外してタブレットとしても使えるレノボのIdeaPad Duetです。Surface Go 2 や、iPadにキーボードつけた感じに似ていますね。

Lenovo IdeaPad Duet Chromebook

目次

  1. 使ってみて良いところ(メリット)
  2. 使ってみて悪いところ(デメリット)
  3. 自分の使い方・使用アプリ
  4. iPadとのスペック比較

使ってみて良いところ(メリット)

・コスパ良い
・ライトユーザーか、サブ使いなら問題なし
・安いのに、キーボードとキックスタンド付カバーが標準装備
・本体のみであればiPadより軽量
・外部ディスプレイを接続したらほとんどの仕事はできそう(ブラウザを使うものであれば)

使ってみて悪いところ(デメリット)

・アプリによって使えないものもある。
 「dマガジン」アプリが落ちる(chromeでみれるけど)
 「Notion」アプリがキーボード外すと使えない?
 「CODモバイル」アプリは、ちょっと前まで使えてだけど、使えなくなったみたい。
・PC用ウェブサイトだと表示がはみ出してしまうものがたまにある。
 (タブレットサイズを意識してないサイトの場合)
・縦置きしたい場合はスタンドが別途必要
・キックスタンド付カバーが意外と重い

自分の使い方・使用アプリ

今まで使っていたandroidタブレットの代わりとして、電子書籍でマンガや雑誌などを読むのがメインです。
あとはYouTubeとかで動画をみたり、たまにChromeリモートデスクトップでメインPC(iMac)に接続して仕事ファイルの確認や、スプレッドシートへの入力程度のこともします。
ブログの記事を書くのも、chromeブラウザで特に問題なくできます。
chrome OS なので、PCとしても使えますが、本体のみであれば軽いので、自分はタブレットとして使うことのほうが多いです。
あと、apple pencil に憧れて、レノボのUSIペンも買ってみたけど、自分にはあまり必要ないかもなって感じです。書きごごちとかよいけど、使う機会があまりないです。アプリ次第かな?メモとかにいいかなと思ったんだけど、今のところは出番少ないです。

自分が主に使っているアプリ

電子書籍•マンガ•雑誌

– dマガジン(アプリ落ちるのでChomeブラウザで)
– Kindle
– ebookjapan
– 総合書店honto
– LINEマンガ
– 読み放題プレミアム(ビューン)

動画

– YouTube
– Netflix
– Prime Video
– TVer

その他

– Chrome
– Amazon Music
– Notion
– スプレッドシート
– Gmail

iPadとのスペック比較

IdeaPad Duet

ディスプレイ: 10.1インチ (1920 x 1200)
重量: 944g (本体461g、キーボード261g、カバー222g [実測値])
OS: Chrome OS
インターフェース: USB2.0 Type-C
プロセッサー: MediaTek Helio P60T (2GHz 8コア)
メモリー: 4GB
モデル: Amazon限定 直販モデル
ストレージ: 64GB 128GB
価格: 38,166円 44,880円

iPad(第8世代)

ディスプレイ: 10.2インチ (2160 x 1620)
重量: 490g
OS: iPad OS
インターフェース: Lightningコネクタ
プロセッサー: A12 Bionic (2.5GHz 6コア)
メモリー:
ストレージ: 32GB 128GB
価格: 38,280円 49,280円

本当はiPadがほしいなーと思っていたけど、自分の用途であればIdeaPad Duetでも十分かなと思いました。
すごく悩んだけど、iPad OSでしか使えないアプリや、画面の綺麗さとか、Apple特有の操作性がどうしても良いって人でなければ、こいつはコスパよくて見た目も割と良いので買いだと思ってます。



So, what do you think ?