:::: MENU ::::

デッドリフト -Deadlift (DL)-

デッドリフトとは、下背部・臀部・脚部を鍛える代表的なウェイトトレーニングの種目。パワーリフティング競技の3種目の1つである(ほかはベンチプレス、スクワット)。
主に広背筋、僧帽筋、脊柱起立筋、大臀筋、ハムストリングスが鍛えられる。
高重量を扱うプル系の種目なので、かなり熟達した者が筋力強化・筋肥大のトレーニングを行う際にはリストストラップが必要になる(ただし、パワーリフティングの公式試合では使用禁止。炭酸マグネシウム使用は可能。)。
正しいフォームの習得が難しいため、トレーナーなどの監修を受けることが望ましい。

デッドリフト

・足のスタンスは肩幅
・手幅は腰の外側くらい
・バーをしっかり握りこむ
・肩の位置は、バーより少し前になるようにセットする。
・背中が丸まらないように腰のカーブを維持したまま
・バーが膝くらいまでは、腰と肩を同じ速度で上昇させる
・かかとを地面につけたまま
・腰と膝が伸びきるところまでバーを引き上げる

スモウデッドリフト

スモウデッドリフトハイプル

掲載ページ

> クロスフィットというトレーニング