:::: MENU ::::

Double under (double jump of the jump rope) -Double Unders (DU) -

Double under

In CrossFit, "Skipping rope double jump"Double under」と呼びます。
For short"OF」と書かれたたりもします。

大体の日本人は小学校で一度はなわとびを経験していると思います。その時に得意だった人は、割とスムーズにできるのですが、苦手だった人は難しいそうです。

Double under tips

Jump rope length =

片足でなわの真ん中を踏んで、The handle is between the waist and the armpitにくるくらいの長さが丁度良い長さになります。
(自分が小学生の時は、縄を回した時、頭すれすれになるまで短くしてました。持ち手がWaist positionでした。その方が早く回せるからです。その頃は3重跳びも余裕でやってました。)

Lower body =

膝を軽く曲げて飛ぶ。
苦手な人は、膝が伸びていて、体が「く」の字になっている場合が多いです。

Hand position =

腰の横あたりに手の位置を固定して手首で縄を回す。
苦手な人は腕で回している場合が多い気がします。支点が上下にぶれてしまい、難しくなります。

Post page

Training that CrossFit
CrossFit