:::: MENU ::::

Windows PC をリニューアル part1

久しぶりの更新。
2ヶ月前に代官山と渋谷の間に引越をして、職場にかなり近くなりました。
思い切って家賃10万のところに引越してよかったです。

まえの賃貸はなんだかんだ10年近くすんでいて
引越のついでにそこの家賃を検索してみて愕然!
なんと1万円近く価格が下がってた!!
それなのに家賃交渉もせず、ずっと払い続けてました。
もったいない(T-T)
どうやら、多少長く住んでれば更新の時に交渉すると家賃さげてもらえるっぽいので、次回からはそうしよう。


本題に入ります。
引越ついでに、TV、スピーカー、家具など色々と新調しているのですが、
Windows PCも約10年ぶりに買い替えました(汗)


引越後、何人かに「PCでかっw」って言われ
確かにそうだよなーと思い
買い替えを検討しだしました。
(実際、なんどもOS再インストールしたり
動画見てるとブルースクリーンになったり
夏場はクーラーつけないとすぐ落ちたり
寿命だったんですけどね^^;)

自作PCで、ケースがとにかくでかいんです。
はじめて自作をしたので扱い易い一般的なのとおもい
ATXケースを選んでいたので。
確かに付けれない物はなかったけど
置く所にいつも困ってました。

最初はケースをかえればいいんじゃないのと
いろいろ探してみると、
それなりにオシャレな感じのケースもありましたが、
やっぱり大きさが気になる。

いくつかケースを見ていたら、べアボーンキットという
自作とメーカーPCの間みたいなやつが目に留まりました。
メリットは小さい!+自作のパーツも多少使い回せるって点!
デメリットは、ATXケースなどと比べると拡張性が低い点。

そこで見つけたのがASUSのVivoPCのべアボーンキット!
大きさは mac mini とほぼ同じで、インテリアの邪魔にならない感じでよさげ!

ということで、VivoPCのべアボーンキットを購入しました。
しかし、構築で色々とあったんですが長くなったので次回!

つづく。



So, what do you think ?